お問合せフォーム

【本社】TEL:0761-43-3000 【金沢工場】TEL:076-214-0123

HOME > 熱処理まめ知識

熱処理まめ知識

4 【焼入れ】焼き、入れたろか

真っ赤に加熱した鋼を、水や油などで急速冷却し、硬さや強さをもたせる作業を『焼入れ』と呼びます。

 

コワいお兄さんとかが『焼き、入れたろか?』と言う、アレです。
怖いですね・・・ブルブル

 

刀鍛冶が真っ赤に加熱された鋼を(ハンマーなどで叩いて鍛錬させた後)水槽にジュワーっと浸けて冷やす行為・・・
TVなどで見たことがあるでしょう?

これこそが『焼入れ』です。

 

真っ赤に加熱 ⇒ 急速冷却
この流れを経て、鋼は硬くなります(=“焼きが入る”と言います)。
ここでの冷やし方次第で、硬さの具合が変わります。

躊躇してゆっくり冷やしていては、焼きは入りません。

 

一般的な鋼材(S45CやSCM440など)であれば、
830~860℃に加熱し、その後水冷や油冷など急速冷却
という条件で焼き入れ作業を行ないます。

 

真っ赤に加熱されていきなり急激に冷やされる――
こんな過酷な環境から、鋼は強さを得るのです。

緩んだ状態から引き締めるために厳しい環境で強くなるのは、鉄も人間も一緒なのですね。